top of page

うめもも、ぷちちゃん、親子遠足

今日はピーカンのお天気!!うめももちゃんの親子遠足でした☆ 香林坊の大和横で集合。前もってお散歩で下見に来てたもんねー、バッチリ。 ママとバイバイして、バスとお弁当、おやつに胸ふくらませ(笑)、いざ出発!!!

バスにお友達と乗るって、初めての子もいっぱい!ドキドキ、ワクワク。 仲良く座席に座って、ニコニコ。ちょっと小さめの声でおしゃべりしたり、外の景色をじっくり眺めたり。切符も一人一人に渡して、降りる時に、運転手さんに「ありがとう。」って、渡せたね!(運転手さんとっても優しくて、一人ひとりに声かけして下さってました!)みんななんかちょっぴり誇らし気でにんまり(笑)~可愛かったです♡

さて、バスを降りると、児童館方面に向かい、緑地を散策。広見に着くなり、テンションが上がり、誰とは無しに勝手に水筒を置いてわぁーーっと遊び出し(笑)。 お母さん達が待ってること、完全に忘れてる~(笑)!! 丸太にズラズラと乗っかって運転したり、長ーいミミズに大興奮!棒を拾ってきて、優しく(笑)つつきまくったり。

小川を覗き、昨日みた絵本のオタマジャクシちゃんを探したり、お花を摘んだり・・・思い思いに自分のペースで楽しみながら、のんびり散策。抜けるような青空に、爽やかな風、そしてまばゆいばかりの新緑に包まれ、ほんとに気持ちいいー!!

さて、ママ達との再会を果たし、一緒に遊びます。まずは、おはようのお歌から。 一日入園でお馴染みの大ヒット曲「どんぐりころころスーパーのうた」のCDで体操!と思いきや、CDがならず、アカペラでの体操。緑いっぱいの自然の中で、なんともシュールな感じでした(笑)。

さて、次はパラバルーン。昨日ホールでしてみたら、それはそれは大喜びで、とにかくジャンプしまくってたうめももちゃん達(笑)。今日はママと一緒で膨らみ方も大きく、楽しかったねー。

その後は、グループに分かれて、グループの色探し。子ども達を待つ間に、お母さん達がグループ毎に、その色のモノの絵をいろいろ描いていてくれて、それをパズルのように豪快にビリビリして、そのピースを探しに。 集まったピースを張り合わせて完成! 中には小さい小さいピースがあって、なかなか見つからない!!でも、グループの粘りとチームワークで見つかった時には歓声が! よかった~。 親子かくれんぼも楽しみましたよ。

グループさんでちょっと仲良くなったところで、待ってましたのお昼ごはんに☆ グループで集まって、まったりもりもり。ママのお弁当美味しかったねー! もちろんおやつも♡ふと気づくと、木のテーブルに女の子達がお菓子を持ち寄り集まっておやつパーティーしてる姿も(笑) ママ達のランチ会のミニチュア版のようで、なんか笑っちゃったのでした。 男の子達には木の枝が大人気!ひたすら長い棒を誇らし気に持ち歩いてて、これまたらしくて笑えました。

お腹も満たされて、またのんびり散策したり、遊具で遊んだり。河原も気持ちよかった~! 川にザリガニや蟹もいて、脱皮した抜け殻も見つけたりも。 なんとか捕まえて、うめももちゃんの仲間にしたかったんだけど、「ゆっぴー!帰る時間だよー!!」と早苗先生の声。くくっ、無念!!!

でも、時間を忘れるくらいあっという間に時間が過ぎて。 親子で、そして友達も一緒の楽しい時間だったねー☆ お母さん、お父さん、おばあちゃん、ボランティアをして下さったお母さん先生、本当にありがとうございました! 今日はゆっくり休んで、明日また遊ぼうねー♫


ゆっぴー

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page