うめももちゃん達 親子遠足

今日は年少さんの親子遠足でした。本当は5月にあるはずだったけれど、コロナの影響で延期に延期が重なってようやく今日の開催になりました。この時期は天気や気温が気にかかるところですが、今日は暑すぎず雨も降らず、絶好の遠足日和!やったー!!行き先は芸術村です。


さて、親子遠足と言っても現地集合でもなければ親子一緒に歩くわけでもありません。うめももちゃん達は、幼稚園からお家の人達が待つ芸術村まで歩いて行くのです。すごいでしょ?4月の入園から何度もお散歩に出て、お友達と手をつなぐのも、並んで歩くのもとっても上手になったうめももちゃん達。今日も、お家の人達が待っている(というよりお弁当とおやつが待っていることにテンションUP(笑)!)芸術村まで歩いて行くことをとっても楽しみにして張り切っていました。


今日は6つのグループ(りんご・ぶどう・みかん・めろん・みかん・ばなな)を3グループずつに分けて出発しました。グループの目印は6色のカラー帽子。木の花には珍しいカラフルな列が並んで街中から犀川河川敷へと進んでいきました(途中で出会った卒園生のお母さんに「あれ!木の花の帽子、変わったんですか!?」って驚かれました)。犀川に降りるとタンポポや綿毛、シロツメクサが満開!みんな早速プチプチと摘んで花束にして、「おかあさんにおみやげ~」と笑顔!そうそう、芸術村で待ってるもんね~。

進んだり止まったりとのんびりしていたら、もう集合時間間近!ちょっぴり急ぎ足で向かいました。


芸術村では先に来ていたお家の人達が、グループ毎に旗づくりをして待っていてくれました。この旗がとっても素敵でびっくり!子ども達が描いた絵を活かしつつ、大人のセンスで華やかに可愛く仕上がっていて、しかもグループ毎の特色も違っていて、こんな無茶ぶりにここまで応えてくれたお家の皆さんに拍手!でした。


そして、ここからはお家の人達との遊びタイム。体操したり走ったりと、貸し切りの芝生をここぞとばかりに動きました。一回ごとに結構な距離を走ったり移動したりするので、さすがに、段々、子どもも大人も疲れの色が見えてきて、しかもお家の人がいるといつも以上ににつかれたーって泣いたり甘えたり抱っこになったりするうめももちゃん達もいて、おまけに着いたらすぐにお弁当を食べれるもんだと信じてたうめももちゃんはもうおなかすいたコールが鳴りやまず…これはもう早めにお弁当にしましょ!ということになりました(笑)。


ということで、グループ毎に木陰の下でシートを広げてお弁当タイム。この機会に、と近くに座ったお家の人同士で会話も生まれました。やっぱり子育てのこと、家庭のこと、みんなあるある話で共感したり盛り上がったりしてましたよ~。普段会うことの少ないお家の人とも顔見知りになれたでしょうか?


お弁当の後はまったりとおしゃべりしたりもうひと遊びしたりといい感じで馴染んできた雰囲気でしたが、時間になったのでいったんおひらき。みんなで丸!くなって♪さよならのうたとさよならあんころもちをしました。

たくさん歩いてたくさん動いたうめももちゃん達、そしてお家の皆さん、今日はお疲れさまでした!ゆっくり休んで、明日また元気に幼稚園に来てね!

                            (記) 森田理恵

最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの