top of page

うめももちゃん りんご狩りへ!

 うめももちゃん達、今年もリンゴ狩りに行ってきました!場所はつつじが丘にあるリンゴ畑です。昨日はもも組さん、今日はうめ組さんが行ってきました(二日とも、なんとかお天気が良くてよかったよかった!)。そしてコロナ禍が下火で落ち着いているので、今年は路線バスの旅が復活しました*^-^*。香林坊のバス停からリンゴ畑の近くのバス停まで、20分ほど北鉄バスに乗っていきます。


これまでは当たり前だった公共の交通機関でのお出かけも、昨年は全て貸し切りバスでの移動。それはそれでリッチで自由度も高くて特別な体験になるのだけれど、公共の交通機関もそこでしか出来ない体験が盛りだくさん!


今回のバス旅も、ももぐみさんは「バスに乗ったら他のお客さんもいるから静かにしようね」といった側から「バスだー」「バス乗ったことあるよー」といつも以上の大声で会話が飛び交い、「しーーーーっ!!」っとしている間にバスが動き出すと嬉しくて立ち上がったり前の座席をのぞき込んだりと、嬉しいからこそソワソワと落ち着かない様子に、「何事も体験だね…」と思いつつ、みんなをなだめる担任なのでした^_^。かと思えばうめぐみさんはバスが来ると「おおきーい!」「たかーい!」とワクワクしつつも、いざ乗ると妙にチンとして“お利口さん”だったようで(笑)、窓の景色をキョロキョロと眺めていたそうです。


さてさて、バスはどんどん山の方へと登っていき、窓からの風景も変わってきました。通り沿いにリンゴの木も見えます。つつじが丘住宅口というバス停で降りると、高台の下にはもうリンゴ畑!しばしリンゴ畑を眺めました。「もうリンゴ食べる?」と子ども達。まだリンゴを取ってもないんだけどね(笑)。


畑ではリンゴ畑のおばさんが待っていてくれました。みんなでこんにちは!とご挨拶して、早速おばさんからリンゴのもぎ方を教えてもらいます。その後、自分でお財布からお金を出してリンゴのお代金150円をおばさんに渡して、いよいよリンゴ狩り!いかに大きくて赤いのを選ぶか、予想以上にみんなの目つきが真剣なのに笑えました。洋服でキュッキュッと磨いてピカピカにしてから、いただきまーす…すると!「せんせーい、皮はどうするの?」との声が。そうだよね、お家で食べるのはカットして皮もむいたリンゴだよね^^。「そのまま皮ごと食べるんだよー」と言うと、ええっ!?とばかりに無言の驚きが伝わってきました(笑)。


それでも恐る恐るかじりついたリンゴが甘くておいしくて、みんなビックリしたみたい!がぶり、がぶりと口が止まらなくなりました。例年、一口ふたくちで「もうおしまい」ってする子もいるのですが、今年はみんないつまでもがぶりがぶりと食べていて、一個丸ごとなくなっちゃうんじゃないかという勢いでした!大きなリンゴの丸かじり…しかも青空の下、リンゴの木に囲まれてもぎたてを食べるなんて本当に贅沢!みんなで時間の限りリンゴをかじりました。


リンゴ狩りの後は近くの公園に移動して、バス時間までひと遊び!腹ごなしにはぴったりなほど、みんな元気に走り回り、登って降りて楽しんでいました!

そうそう、残ったリンゴは袋に入れてお持ち帰り…と言っても、もう芯の周りしか残ってないリンゴの子もいましたが(笑)、それもまた笑えて楽しいですよね!ちょっぴり残ったリンゴと共に、きっと今頃はお家で土産話に花が咲いているんだろうなあ~。

最新記事

すべて表示

本日、2段階入園式でした・・・

絶好のお花見日和の本日、2024年度の入園式がありました。今回も昨年同様、未満児(ぐみちゃん&どんぐりちゃん)版と以上児版(新年少&途中入園の年中、年長など))の2段階方式での開催です。 朝、在園の子どもたちが9時前から登園し 階段と2階渡り廊下、キャットウォークにさくらあんずさん、まつくりさんが待機する中、三々五々お家の人と着飾ってやってきた新ぐみちゃんたち。舞台で親子で記念撮影をしてからみんな

明日はぐみ・どんぐり開園式&入園式

梅、杏、すももに続いて、桜(ソメイヨシノ)がいい感じで満開に近づく中、気付けば明日は、新しい出会いの春、入園式です。 今年度も昨年同様、入園式をぐみちゃん(1歳児)&どんぐりちゃん(2歳児)バージョンと3歳以上児バージョンに分けて開催します。主役の子どもたち(未満児と以上児)に無理のない楽しい「儀式」にしたい、ということでの二段階方式の入園式です。 前半は、1,2歳のぐみちゃん・どんぐりちゃん対象

2024年度の木の花暮らし、開幕です・・・

庭の桜がいい感じで七分咲きほどに開花する中、子どもたちが三々五々、幼稚園に帰ってきました。 今日から新年度の新たな学期のスタートです。 久しぶりに在園児を全員迎えて賑やかな子どもたちの歓声が幼稚園に響き渡りました。玄関で元の靴箱に靴を入れようとして、はた、と手が止まる子や、昨年度の部屋に向かう子もいて、このあたりは新年度恒例の風物詩かもしれません(笑)。 一方で賑やかな歓声に負けじとばかり泣き声も

Comments


bottom of page