top of page

うめ・ももちゃん ~ありがたい柿をもらいに行く遠足の巻~


曇り空の下、暑すぎず・寒すぎない、ちょうどいい気候の中、うめももちゃんの秋の遠足に行ってきました~。

行先は卒園生のお家(現・預かりスタッフのつるりんのお家)の放生寺まで柿もぎに。

子ども達には「ありがたいお坊さんがいるお寺に柿をもらいに行くよ。」と伝え、いざ出発!今回、行きはうめぐみとももぐみに分かれて、違う道を通って向かいました。

後から出たうめさんなんですが、先に出発したももさんが同じ道を通って行ったと思い込んでいたようで、「ももさんたち見えないね~走っていったんかね~」「車で行ったんじゃない?」なんて憶測まで飛び交っていました。どんどん進む中でうめももちゃんのお家の人にばったり遭遇!したり、ちょっぴり遠回りをして『道に迷ったかも…』とドキドキ体験をしていたりしました。(ももさんたちは玉川公園の工事に夢中になったり、通りすがりのおばあちゃんに飴をもらったりしてたんだって~)

ゴールの放生寺でうめももちゃん合流!到着すると、つるりんがお出迎えしてくれて、荷物を置いたら早速柿の木へGO!つるりんが高いところの枝を切ってくれて、子ども達が下で受け取り柿をねじってもぐ。どんどん降りてくる柿の枝に夢中になってたら、袋いっぱい(三袋!!)の柿がどっさり。何とその場で切ってもらって、早速試食。あま~い!!の声が響いていましたよ~(何人かは種持って帰る~と大事に握りしめていたので、ポケットやカバンの中探ってみてね。)

その後はお堂の方に入らせてもらい座禅体験もさせてもらいました。足の組み方から、なぜ座禅をするのかというありがたい話もしていただいたんですが、子ども達はポカン。笑 だけど、はじめるよ~の声がかかると、座り方はまちまちながら、3分間という長い間静かな空気に包まれていました~

ご飯の時にお待ちかねの手作りクッキータイム♪(…ただし、若干雨がぱらつき始めたので、ご飯を早々に切り上げさせていただきました。)たっぷり焼けたので、お代わりもたっぷり♪時間の関係上、たっぷり残した状態で一旦終了となりました。

上記にもある通り、雨がぱらつき始めたのでちょっぴり急ぎ足で帰り支度を始めたんですが、紙袋に入れた柿が危ないかも…ということで園で配ろうと思っていたお土産の柿をその場で子ども達に配って持ってもらうことに。はじめはお持ち帰りないよ~と伝えていたので、持って帰れるとわかると動きもスピーディーになっていた気が。笑

帰り道、疲れもあってちょっぴりどんよりムードが漂い始め…こんな時こそ元気補給!ということで、残っていたクッキーを一枚パク♪手は洗えないのでお口をアーンしてもらって大人が入れていったんですが、「なんの味が出るかはお楽しみ~」と伝えると目をぎゅ~っと閉じて待ち構える姿は何とも可愛らしかったです。

園までもう少し!というところで、縦割り遠足に行っていたたいやきグループさんが後ろから合流して、疲れたうめももちゃん達をやさしくフォロー。ありがたや~

帰ってきて、お留守番をしていたプチちゃん達と合流したら、残っていたクッキーでクッキーパーティーをして今日の遠足は幕を閉じました。

今年度の遠足の中で(全クラス合わせて)一番長い距離を歩いたうめももちゃん!ゆっくり休んで明日も元気に登園してね~

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page