お泊り保育 ライブ2

 晩御飯作りもそれぞれのグループが佳境を迎え、庭での火おこしも火おこしを担当するグループもなんとか火おこしを成功させて、お風呂屋さんに行く先陣グループが銭湯に向けて出発です。(時間差で随時グループごとに出発・・・)


 各グループにお風呂リーダーなる事前に下見とご挨拶を兼ねたリーダーさんがいて、その子の道案内で松の湯さんまで。過去にはこの先導さんの道案内で珍道中のハプニングも色々ありましたが、この戦陣グループのお風呂リーダーさんは堅実に角々で「こっち」と的確な的確ななルートを辿っていきます。一瞬、せせらぎ通りを反対方向に行きかけましたが、思い直して右手に進路を取ると、「ゆ」があった!とグループたちの子から歓声。でしょ!というどや顔のリーダーさんを追いかけながら、うれしそうに銭湯ののれんをくぐる子どもたち。


 番台のおばさんにご挨拶をして50円を出してそれぞれ空いたロッカーに荷物を入れて、いざ大浴場へ・・・。

 たらいを持ってそれぞれ洗い場洗い場のところへいけば、赤と青の昔ながらの銭湯の蛇口。出し方を教えるとあとは各自想い想いにお湯を作りながら体にかけて体にかけたり、頭を洗ったり・・・。みなさん、特に泣く子もなくしっかり頭も身体も身体もじゃがじゃが自分たちで洗い流して、浴槽へ。お客さんがほとんどおらず貸し切り状態だったので、「あわぶろや~」「きゃあ深い!」「つめた~い」・・・等々色々な浴槽を堪能しつつ、中には修験者のように滝のような流れに頭から打たれるのを楽しむ子も・・・。そして最後にみんなで肩まで浸かり10数えて終了です。


 火照った身体を涼ませつつ、体重計に乗ったり、足裏のつぼ踏みを教えていたたり、風呂風呂上がりのポカリを堪能したり・・・。風呂上がりの余韻を楽しみ、番台のおばさんにお礼を言って言って再び幼稚園へ・・・。夕暮れ時の外の風がまた気持ちよく足取り軽く鼻歌交じりのこどもたち・・。傘を持っていたけれども、ほとんど降られることなく、楽しい銭湯のひと時を終えました。


 さあ、次は楽しみの楽しみの晩御飯だねえ・・・。




 


最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの