お泊り保育 ライブ5

 それぞれのグループは、夜見つけのそれぞれのルートで夜の街を探索し、犀川神社を必ず経由地にして園に戻ってきました。どんなモノを見つけたのか・・・・?それは後日のお便りでのお楽しみで・・・。


 ところで三々五々到着した犀川神社では、穴の開いた木があるそうで、神社でお参りをすると、各グループのリーダーの案内でその木のところへ。穴に向かって絵本にあった呪文(ちんぷくまんぷく…云々)を子どもたちが唱えると、「あははは・・おもろいおもろい、こっちゃきて、もっと歌え・・・」とけったいな爺さん?の声が、暗闇の境内に響き渡るではありませんか?いぶかしげに周囲を見渡す子、後ずさりする子、声のする方に向かう子・・・それぞれの子ども達・・・。


 さてさて恐る恐る近づいてみれば、「おたからまんちん」!?さらに「しっかかもかっか」!?「もんもんびゃっこ」!?それぞれ絵本にそっくり!びっくり!栗二つ(瓜二つ)!

みんなの呪文が効いたのかな?


 おいらと遊ぼう・・・と「おたからまんちん」に近づいてお宝を交換する子が出てくると、怖がっていた子らもそっと近づいて、ぼくはこれ・・・と持参したお宝をそれぞれ交換してもらっていた模様。


 もっと遊ぼうよ・・・という「おたからまんちん」にもう行かないと、お泊り保育があるから・・・とそっけない返事を返す子もいれば、じゃあ、明日も来るね・・・と返して、「おたからまんちん」も返事に詰まったり…(笑)。闇夜の境内での怪しげな爺さん(たち)との邂逅を楽しむ子どもたちでした・・・。


 それにしてもこんな夜ですが、ときど~きお参りにくる方もおられて、犀川神社は地域の方に愛されていますね。木の花のお泊り探検にもこれで何度目でしょう?場所をお貸して頂けて、感謝感謝です。今度来られたら是非、裏の木のたもとで呪文を唱えてくださいね。



最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの