top of page

ぐみぐみ 親子レクリエーションの日 part1

6月11日(土)の午前中、幼稚園の本当のお誕生日の日にぐみちゃんの今年度一回目の親子レクリエーションの日がありました!!(10組の家族が参加してくれましたよ~ありがとう!!)


まずは心と体をほぐすための体操!それが終わると自己紹介がてらのじゃんけん列車ゲームをしました。(親子で電車になって出会った人とじゃんけん。勝った人から自己紹介をする感じ~)担任の想定では名前を教えあったらおしまいかな~なんて思っていたんですが、『せっかく出会えた人と名前を教え合うだけじゃもったいない!』と聞こえてきそうな勢いでお喋りが盛り上がり、なかなか次にいけないという嬉しい悲鳴を上げることになりました。(ピアノが苦手なちゅーりんとしては、どのタイミングで伴奏に入ればいいだろう?と内心ドキドキしていたことはここだけの話…笑)


自己紹介が終わると親子ペアで出来るふれあい遊びをいくつかみんなでやってみましたよ。「きゅうりができた」「ぞうきん」(どちらも正確な名前はわからず…)のふれあい遊びは、普段夕方の預かり保育補助で来てくれている【みぽりん】から伝授(見て盗んできたといった方が正しいかな?笑)してもらったもので、2歳ぐみちゃん達は自分でも誰かにしてあげられるくらい何度も繰り返しやってきた遊びで大好きなんです♪この日はお父さん・お母さんも一緒で興奮したのか、やらない子もチラホラ…その反対に夕方にあまりやったことがなかった子たちはキャッキャ・キャッキャと大はしゃぎで身体をゆだねていました~。


後半戦は新聞でいろいろ遊んじゃおう!!ということで、いっぱい新聞紙を持って来て、やぶいたり、ねじったり、引っ張ったり、丸めたり、投げたりと思い思いに遊びました。(ちなみに前日の創立記念日でさくらあんずさん達がいっぱい使って遊んでいた新聞紙と、うめももちゃんが幼稚園のプレゼントに作った、いろんなモノに変身する段ボールケーキを使わせてもらったんです。)ひたすらちぎっては段ボールに入れたり、お父さんとひっぱり大会、2階からヒラヒラ・ポイポイ段ボールの中に入るかチャレンジなど、幼稚園を広々使って楽しむ姿が見られましたよ。2歳ぐみちゃん達はお客さんとして観ていたこともあり、『これ使って遊んでいいの??』と言わんばかりに張り切って使い、1歳ぐみちゃんも普段使えない大量の新聞紙、大きな段ボールに興奮気味で遊んでいました~。もちろん集めてお片付けもゲーム感覚で遊んで拾いました!


最後はみんなでパラバルーン!これもつい先日、まつくりさん達がアスレバルの為特訓していたのをうらやましそうにぐみちゃん達が見ていたので、レクの日ですることにしたんです!!ようやく触れる、入れるようになったパラバルーンに目をキラキラ輝かせる子ども達。大人たちがパタパタ動かすのをジャンプして触ってみたり、反対に当たらないように小さくなってよけてみたり、大人達と一緒になって掴もうとしたりなどなど、大はしゃぎで遊んでいました~(またやろうね!)

パラバルーンがシュ~っとなくなった所で親子レクリエーションは終了となりました!!


曇っていて案外涼しい日だったんですが、湿度と楽しんだ熱気によって汗がにじんでいる人もチラホラ…いっぱい遊んだ証拠!!笑

ぐみちゃんのお家の人だけで貸し切りだった幼稚園の中、ホールでワイワイ賑やかに遊んだり、少し喧騒から離れて静かなお庭でまったりしてみたり、それぞれの楽しみ方をしていいのがぐみぐみ親子レクリエーションのいいところ♪それぞれの子たちがそれぞれの楽しみ方で、幼稚園を満喫した日となりました~。


記:ちゅーりん

最新記事

すべて表示

本日、2段階入園式でした・・・

絶好のお花見日和の本日、2024年度の入園式がありました。今回も昨年同様、未満児(ぐみちゃん&どんぐりちゃん)版と以上児版(新年少&途中入園の年中、年長など))の2段階方式での開催です。 朝、在園の子どもたちが9時前から登園し 階段と2階渡り廊下、キャットウォークにさくらあんずさん、まつくりさんが待機する中、三々五々お家の人と着飾ってやってきた新ぐみちゃんたち。舞台で親子で記念撮影をしてからみんな

明日はぐみ・どんぐり開園式&入園式

梅、杏、すももに続いて、桜(ソメイヨシノ)がいい感じで満開に近づく中、気付けば明日は、新しい出会いの春、入園式です。 今年度も昨年同様、入園式をぐみちゃん(1歳児)&どんぐりちゃん(2歳児)バージョンと3歳以上児バージョンに分けて開催します。主役の子どもたち(未満児と以上児)に無理のない楽しい「儀式」にしたい、ということでの二段階方式の入園式です。 前半は、1,2歳のぐみちゃん・どんぐりちゃん対象

2024年度の木の花暮らし、開幕です・・・

庭の桜がいい感じで七分咲きほどに開花する中、子どもたちが三々五々、幼稚園に帰ってきました。 今日から新年度の新たな学期のスタートです。 久しぶりに在園児を全員迎えて賑やかな子どもたちの歓声が幼稚園に響き渡りました。玄関で元の靴箱に靴を入れようとして、はた、と手が止まる子や、昨年度の部屋に向かう子もいて、このあたりは新年度恒例の風物詩かもしれません(笑)。 一方で賑やかな歓声に負けじとばかり泣き声も

Comments


bottom of page