top of page

さくらあんずさんのお店屋さん

更新日:2021年11月21日


木の花まつり、子どもバージョンのトリを飾ってくれたのは、さくらあんずさん。バザーweekは、自分たちのバザーのお仕事をしながら、まつくりさんやうめももちゃんのお店を見たり、実際にお金をもってまつくりさんのお店を体験したりと、当日を迎えました。

さくらあんずさんは、ありありしょっぷ・ありあり稲やさん・ありありすのなか探検げーむと、3つのグループの中から自分で選び、取り組んできましたよ。




お部屋では...ありありすのなか探検げーむやさんがオープン☆

当日の朝、ドキドキしていたお友達もちらほら、「ねぇ、もう来るかな?」と何度も確認していたメンバーたちです。ゲームやさんの中でも4つの"す"に分かれてゲームを楽しんでもらうので、各ブースに子どもたちも分かれて、お客さんを迎えました。自分たちのお店に立っている姿は堂々と、でもなんだか落ち着かなくそわそわ。たくさんのお客さんがゲームに遊びに来てくれ、なんと行列になった"す"も!!!

それぞれこれまでこだわってきたルールを全うする姿を見て、すごいなぁと関心。でもでも行列が伸びていくので、店の回転率にりーかんはあたふたするも(笑)子どもたちはのびのびとやりとりと楽しんでいたり、こだわったところを丁寧に答えたり、その姿に対してお客さんも全力でゲームを楽しんでいて、感謝です。本当にありがとうございます!

お客さんとのやりとりも充分に楽しみ、なにより自分たちで考えたゲームを喜んで楽しんでいたお客さんの姿を見て、満足げな子どもたちでした。お客さんが帰った後、「ふぅ、もう疲れて動けない〜」「よく働いた〜」とつぶやく子どもたちでした♪


お庭では…

朝からお店に立つことにドキドキ不安を持つ姿も見られた子どももいましたが、開店準備をしていくうちに不安からワクワクに変わっていったようで、オープン直前には「楽しもう!」と意気込んでいた子どもたち。オープンしてすぐにたくさんのお客さんが流れ込んできて賑わう

お庭でしたが、子どもたちは動じず自分のお店を全うしていましたよ。最初のうちは「いらっしゃいませ!」と呼び込みを頑張っていましたが、だんだん気持ちが乗ってきたり、お母さんたちとやりとりをしていくうちに「美味しいよ!」と言って商品を渡したり、作り方を説明したりと会話も楽しんでいましたよ(^^)

一つ一つ丁寧に作った食べ物やアイテムはあっという間に売れてしまい序盤のうちに「売り切れちゃった!」と言う商品も!予想より遥かに早く完売してしまい「次何売る!?」と焦る大人と、「お仕事何する?」とまだまだやる気満々の子どもたち!(笑)そこで急遽お庭の柿をもぎ取って売ることに。ほかにも飾り付けが終わってなくて余っていた稲リースにどんぐりや木で作ったアリなどの飾りを小袋に詰めた自宅で作れる稲リースキットも販売しましたよ!追加した商品も次々と売れていき「売りきれでーす」と嬉しそうな子どもたちでした!バタバタとあっという間の1時間、お店が終わると「全部売れたね!」「ぼくお店やさん好きだな〜♪」と達成感と楽しかったという気持ちで清々しい表情の子どもたち!(^^)

毎日コツコツとモノ作りをしたり、試作のクッキングをしたりと準備を進めてきたそれぞれのお店。子どもも大人もみんなやり切ったね〜!と喜びを分かち合いました〜♡

遊びに来てくださったお家の方、ありがとうございました!!


最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page