top of page

どんどんグループさんのグループクッキング

どんどんグループさんのグループクッキングがありました。


このグループさん、メニューを決めるため、初めて声をかけた時から、「顔を作りたい!!」と言い張るメンバーがいて、まずは形が先に決まりました。


【顔をつくる】という子どもたちのイメージが今一つはっしーには分からなかったので、紙にそれぞれが思い描く顔の形を書いてもらうと、みんな書きながら、「目はウィンナーがいい」と言ったり、「口はトマトを薄く切って乗せる」などと言いながら、顔のパーツになる部分は全員一致ですぐに決まって行きました。

髪の毛と顔になる部分になると、「顔はチャーハンにして、髪の毛はグリーンサラダがいい!」という人と、「髪の毛をカレーにしたい!!」という人に分かれたので、「じゃ、どうやって決めるの?」と聞くと、「にらめっこ!!!」と言って、にらめっこ大会が始まりました。

どの子も真剣アップップ、なかなか勝負がつかないので、次々顔を変えていく子どもたち、その様子が面白くて、はっしーは大笑い、それでもずーーーっと、にらめっこ勝負が続くので、「決まらんよ。どうするの?」と言うと。「じゃ、ジャンケンにする」ということになって、髪の毛はカレーにすることになったのでした。ジャンケンに勝った子が一番びっくりした顔をしてましたけどね(笑)。


それから、張り出し用のメニューを作っている時、設計図のように『顔』を描き、チャーハンに入れるニンジンまでも細かく書いていたのですが、その時、はっしーの顔をチラチラと見ながら「はっしーの顔って、沢山ぶつぶつあるよねー。シミっていうんだよね。はっしーの顔みたいにするから、もっとぶつぶつ(ニンジン)書かなきゃね。」と言って、あのメニュー表の顔になったのでした。


本番の今日は、なんやかんやと切るものがいっぱい、その中でも顔のパーツにするため、「この一本を、6つに分けて」とか、「この一本は20個に分けてね」というものが多く、みんな切りながら唱えるように数を読み、「123456……」という声がお台所中に響いていました。予定より多くの数の具材を切り分けれる子もいたのですが、大きめになっちゃう子もいても、「薄く切らないと、足らなくなるからね。」と言っていると、顔を作業台に近づけてお刺身を切るがのごとく、とても綺麗な薄切りを披露してくれる子もいましたよ。


毎度のことですが、時間が間に合うかと冷や冷やするはっしーですが、そこは、どんどんさんの底時から、時間までに具材もそろい、そしてそして、今日のお仕事の本当のメイン、どんどんさんのやりたかった”顔づくり”です。

まずは、ぐみ棟に行って盛り付けを子どもたちの前で始めると、次々手を出し、待ちきれない様子のぐみちゃんたち(そーだよねー(笑)。伸びる手一つ一つに「待って、待って」と言っていたのですが、次のお部屋に回る時間になったので、のこり半分をぐみぐみの先生に託し、そこから、うめ・ももの部屋に分かれて盛り付けし、次に、さくらあんずのお部屋に行って・・・・・。そこで一息ついて、ちょっとお疲れモードのどんどんさんでしたが、「最後までやる!!!!!」というので、最後のまつくりさんの分も、盛り付けし、約100個のお顔の”このはなすぺしゃる かれー”を盛りつけたのですよ。

幼稚園全員の給食を作るだけでも、大変なのに、全クラスの盛り付けまでこなした“どんどんグループさん“の働きに感服したはっしーです。


ホントにお疲れ様👋。

今日は、ゆっくり休んでね、どんどんさん。

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page