まつくりさん キゴ山へ その1 ~夏の遠足~

今日はまつくりさん達が夏の遠足に行って来ました。行き先は医王山のキゴ山です。

バスの便が少ないため、集合は朝7時40分に金沢駅という早さ!お家の皆さん、夏だからご勘弁くださいね…ってことで、夏の自然を楽しむべく、北鉄バスに乗って医王山へ行って来ました。

 

バスに揺られて約45分、「銀河の里キゴ山口」というバス停で降りると、目の前に緑の広場と山が飛び込んできました。

まずは荷物を置くために休憩所へと歩きだしたのですが…一歩あるけば足元にバッタが跳ねるわ、目の前をトンボが飛んでいくわでまつくりさん達は大喜び!早速、カナヘビやらカマキリやらを捕まえ、持って来た虫かごに入れておりました。なかなか前に進まない…みんな、これからまだ先は長いんだよーう(笑)


そう、今日の遠足のメインは虫捕りではなくキゴ山登山なのです。標高は546メートル。

登山と言っても歩くのは整備されたきれいな山道で、ゆっくり歩いて登っても一時間ほどの道のりです。まつくりさん達は荷物を置いて、水筒と帽子で身軽になっていざ、出発!

今日はまつぐみとくりぐみでルートを分けて登りました。


一歩山道に入ると、早速「あっムカデ!」という声が聞こえ、見てみると、ほんとだ!赤いムカデ!わ~ムカデか…とちょっと腰が引けていた私をよそにこども達は興味津々で顔を寄せていました。後で分かったのですが、これはムカデじゃなくてヤスデっていう生き物なんだって。いっぱいいました。こども達は「一人目、二人目・・・21人目」と出会うたびに数えながら登ってました。


「クマ出没注意」の看板があって、怖がり出したまつくりさん達に「みんなでやかましくしてたらクマさん出てこないよ」と言うと、それならとばかりに「おーい!出てこないでねー」と叫びながら歩いていました。最終的に担任が「そんなにうるさくしなくても大丈夫」制止することに(笑)。


くりぐみはルートの途中で分かれ道に遭遇し、そこでどっちにいくか意見が分かれました。そこで、思い切って二手に分かれてみました。

私と一緒に歩いていたくりさん達は、人数が減ったことでちょっと心細くなってきたらしく「こっちでいいのかな…」「なんか寂しいね」と弱気モードに。「ちゅうりーん!」「はっしー!!」と山の中で叫んでみるも返事はなく、「もしかしてクマに襲われたのかな」とか考え出して、みんなちょっと不安げに…。心配しているのかな、と思っていたら「はー、あっちのチーム行かなくてよかった」という呟きが聞こえてきました(笑)。

そうこうしているうちに後ろから登ってきたまつぐみさんに追いつかれて合流し、さらにゴール直前の分かれ道ではっしーやちゅうりんと他のくりさん達とも会う事が出来ました。みんな、おおよろこび!そして、みんなで山頂にたどり着くことができました!(^^)!

山頂は暑いけれど風も吹いていて気持ちいい~!一休みしたりなおべえから元気の素を一粒もらったりして、しばし山頂での時間を過ごしました。


時計はもう11時半!お腹すいたね。さあ、下山してお弁当食べようね!ってことで帰りまつぐみとくりぐみに分かれて山道を下りて行きました。   (記)りえ



最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの