今日は七夕 幼稚園では・・・

今日はぐみちゃんも集まってホールで七夕まつり。まずは各学年、七夕製作でどんなものを作ったのかみんなに紹介。(各学年の作り物はこの後担任から)

その後は『七夕』の歌を合唱♩「みんな「七夕」の歌、知ってる?」ときくと、ぐみちゃん達はぽか~んだけど、年中・年長さんたちはさすがというべきか「知ってるー!!」ということで、ぐみちゃんやうめももちゃんの為にも素敵な歌声で…さらには、お空の織姫と彦星にも聞こえるようにと、お庭の方を向いて大合唱。ちゃんと空の上まで届いたかな?

 その後は『七夕ばたばたバッタバタ♪夜空にきらめけ☆シューティングスターゲぇ~~~~ム!!』の時間(昨日から考えたネームです)。フープにスズランテープをびろびろっとつけて、走るとびろびろっと“流星”のように見えるよ♪というもの(笑)。

フープの中に二人ずつ入り、一緒に走るんだけど、うめももちゃんはそのまま本当の流れ星のようにどこかに消えちゃう子もいて、見ていて面白い♩さくらさんや、まつくりさん達はかっこよくホールの中を煌めき、流れ星のように走ってくれました☆

今日はあいにくの空模様…。天の川も見れないかもしれないけれど、きっと雲の上ではたくさんの星たちがみんなの願い事を叶えてあげようと、輝いてるんじゃないかなぁ~。

うめももちゃんの七夕飾りは星に願いを提灯短冊♪を作りました。

土台や短冊に使ったのは日々うめももちゃんが絵具遊びで大きな紙にヌリヌリ、ペタペタ、シュッシュッで色付けしたもの!

普通に塗るだけじゃ物足りないうめももちゃん達はニヤニヤいい表情を浮かべながら手も足もペインティング。筆を素早く振って飛び散るのも楽しい。バケツをひっくり返しちゃった……大失敗もいい模様になりました♪穴が開くまで色塗りに没頭している子もいたんですよ~

模様ができた後は一人一人クレヨンを使って自分だけの絵をカキカキ~おうちの家族を描いた子や、お家の人が(自分が)好きなイチゴやバナナ、恐竜、ケンパプレート、ABCを描いている子、クレヨンの赴くままぐるぐる・ぐりぐりで描いた子などなど個性あふれる絵が出来上がっていきました。(大人には同じように見えても子どもたちにとってはオンリーワン!「これ誰のだっけ?」って悩んでいると「それ私の!!」と自分のが分かっている子が多いのにも驚かされました~)

子ども達の最後の仕上げは提灯の上と下の帯付け。うめももになってからの初めてののりなのでもっと嫌がる子がいるかと思いきや、平然としかも指で塗ろうとしている姿に驚き!(いつもだったらあたり一面がのり地獄になっちゃうこともあるので…笑)じっくり時間をかけて根気よくのりを伸ばして「全部ぬれたよ~」と教えてくれていました。

今日持って帰ってびっくりした方もいるのではないでしょうか。『あれ短冊に願い事が書いてない…』

今回の七夕の製作は母の日・父の日が合体した『家族の日』のプレゼントを兼ねています。そこで、大きい短冊の紙はお家のみんなと一緒にお願い事を決めてもらい、『家族の願い事』が叶うといいな~と思ってあえて何も書かずに持って帰ってもらいました。なのでコミュニケーションのツールとして一緒に願い事を考えて飾ってもらえたらいいな~と思っていますので、「願い事何にしようか~」と子どもたちに語り掛けて、一緒に願いを描いてみてくださいね♪

最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの