top of page

今日は3学期の終業式・・・

 超暖冬の今年、梅や杏が早見ごろの満開、李、桜の蕾がほころび始める、いつも以上に速い季節周りの新しい春を感じながら本日は終業式・・・。

 先週、まつくりさんが木の花から巣立ってゆきました。

(因みに、昨日は卒園遠足。地域巡りで幼稚園時代に遊んだ公園などをめぐり、途中でクライミングの修行も行い、最終目的地のお寺ではお世話になった僧侶から元気に小学校へ行けるような有難い祈祷も頂き、最後の幼稚園時代の思い出作りを満喫。ちなみにクライミングでは約10mの壁をトップアウト(完登)する子も少なからずいて、さすがツリーハウスにロープアスレチック等、木の花の庭で鍛えた木の花っ子たち!)

 さてまつくりさんたちを見送り、一面淋しい幼稚園ですが、うめもも、さくらさんたちはいつも通りホールや庭で遊びまわり、卒園生が抜けたことを感じさせない歓声が響き渡り、まつくりさんたちから「バトン」をしっかり受けた子どもたちの自信を感じさせます。

 自由遊びの後のお片付けの後に、クラスごとのお集まり。各クラスで最後のひと時を名残惜しむかのように過ごし、ホールにぐみちゃん含めて全員集まって終業式です。

 新しい学年に上がる想いと新しい小っちゃい仲間たちを迎える気持ちの高まりをもちながら、一年最後の終業式。ぐみちゃんたちも4月の始業式・入園式を思うと、ほんと自信にあふれ、立派に一人前の木の花っ子って雰囲気が伝わってきます。みんなでかっこいいお兄ちゃん、お姉ちゃんで、元気いっぱいでまた来ようね!とお約束する年度末の恒例の「儀式」も、ぐみちゃんもしっかりやってくれていました。4月にはそれぞれ新しい学年、クラス、お部屋、新しい担任の先生だねえ・・・(お楽しみにね)。コロナによる世界的な感染拡大で、世情は厳しいものがありますが、様々な事象を想定しながら、予防対策を園としても、一人一人の個人、そしてご家庭でも留意されて、春休みを乗り切って、また元気にみんなが4月6日の始業式に再会できることを願っています。

 そして残念ながらお引っ越し等で、木の花を一足先に「卒園」となるお友だちのお別れの会・・・・。

 卒園証書に代り、各クラスのこどもたちからの想いのこもった手作りプレゼント(お家で飾ったり眺めて時々木の花を想いだしてくれるとうれしい)。

そしてあゆどんからのお歌のプレゼントは、お別れの子のリクエストに応えて「ありがとうのはな♪」2号のまつくりさんも春の預かりで混ざっているから、このお歌の合唱もリードしてくれて、お別れの子へのいい贈り物になりました。最後に全員で輪になって、三本締めで今年度を閉めて、一人一人、お別れの子に別れを告げて、終了です。

きっと新しい幼稚園で新しい発見、楽しみ、ドキドキの出会いがあり、そのままその子らしく輝いて欲しいなあ・・・と願っています。機会があればいつでも「里帰り」に遊びに顔を出してくださいね。木の花はいつまでも二番目のお家だから・・・。

 終業式を終えてから午後は職員で園内研修と園内の片付けで本日終了です。

 なお、明日(25日)は職員会議(午前)と午後から園内研修となり、また園舎・ベランダの修繕工事も春休みにあるので、園開放は今回の春休みはありません。春休みの保育で登園するお家、並びに新入園のぐみの子たちの一日入園(説明会)に来園されるお家の皆さんは工事車両等にお気をつけてください。

 

 新年度、新学期の始業式は4月6日(月)です。

                                あゆどん(記)

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page