冬休み日誌①

朝登園した子でホールの真ん中に積んであった大型積み木を崩してホールいっぱいに迷路づくりが始まり始まり~。途中から登園してきた子も混ざり「一本橋をつけたい」と一番長い大型積み木を横に立てて一本橋にしていましたよ。

 ホールの真ん中の大型積み木の山を滑り台にしてその上に大きなマットを敷いて転がれる

場所を作ると、プチから年長までぎゅうぎゅうになって乗り、そのうちごっこ遊びになり落ちるとサメに食べられる~!!」と言って、下にいる子がサメになってパックンパックン(笑)!きゃーきゃースリルを楽しんで。

 ホールの隅には縫物コーナーができて、興味を持った子が先生と一緒に縫物を。リボンやハートなど作りたい形に布を切って、ちくちくに挑戦!最初は年中さんばかりだったけど、年長さんも気づいて加わって。バザーのことを思い出して「○○ちゃんがおったらやり方教えてくれるのに~」とバザーのお店で縫物やさんをしていた友達の名前を言ったりも。

 ご近所さんのお庭に「かりん」を獲りに有志の子ども達(ぐみちゃん、ぷちちゃんも、寒さもなんのその!大きい子たちに手を繋いでもらって嬉しそうに歩いていましたよー!)が、おでかけ。採ってきた「かりん」を、ホールで包丁で刻んで、瓶に入れて、氷砂糖を入れて・・かりんジュース作りをしましたよー!・・・その様子をぐみちゃん達もじーーーと見つめ、最後には「やりたい!」と、ちゃーんとおててを洗いに行ってたりも。冬休み明け、ちょうどおいしくなってるのでは・・☆3学期が楽しみだねぇ~!!



 

最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの