top of page

年中さくらぐみ樹木公園へ

 今日は、さくらぐみ夏の遠足!!ということで、みんなでバスに乗って樹木公園へ行ってきました!

「さくらさん!いつものおでかけよりも、ながーい時間(40分ほど)バスに乗ってくんだよー!」と伝えると「えー!!すごいねやったー!」ときゃっきゃっとわくわく嬉しそうな声。バスの中では久しぶりに会った友だちとおしゃべりしながらのんびり向かいました。

ペチャクチャおしゃべりしていると40分なんてあっという間。樹木公園近くの一の宮のバス停に到着!バス停から少し歩くと白山比咩神社があります。せっかくなので、「みんなで今日の遠足楽しいことがいっぱいありますように&いつも見守っててくれてありがとうとお参りしてこう〜!」と手を合わせ、参拝をしてきました。神社内では、ちょろちょろ流れる川の音の気持ち良さを感じたり、小さな滝を見つけて手を当ててパワーをもらったり(笑)、ヘビを見つけたり!(おそらく青大将)、神社の敷地内に入ると、どれもこれもがパワースポット!?「ヘビの神様やー」なんて言う姿も。

 たくさんのパワーをもらった所で、目的地の樹木公園へ。 小川で水遊びをしたり、生き物見つけをしたり、夏ならではを満喫!!「川登りするぞー!」と下流の方からとことこ登る子どもたち、尻もちついてびちゃびちゃになっても「わははー!気持ち〜」とナイスな反応!汚れたって濡れたってへっちゃら!と、川登りを楽しんでおりました♪

 上の方へ進むと、川の中に住む生き物探しを楽しんでいる子たち。なにやら、先っぽが曲がってる長い不思議な形の木の枝も持って、気分は探検隊!?川の中を捜索したり、クモの巣を払ったりしながら、生き物探しをしていました。「石の裏にも生き物いるかもねー」と、小さな小さなカニを見つけた子どもたちととぎりん!!「樹木公園にカニがいるんだねー!」と見せてもらった子どもたちと一緒にりーかんも興奮してました。いろいろな生き物たちが住んでいるんだね。  

 他にもまだまだ生き物たくさん!なかなか見ることのできないおっきーなカエル!捕まえることはできなかったけど、泳いでる姿をじーっとじーっと見つめる子どもたち。中には、ビクビクしていた子も(笑)「あんなでかいカエルはじめてみた」と、目はキラキラでした。 川遊びを楽しむ子どもたちと同時進行で、広い芝生の上では、たくさんのバッタやコオロギを発見した子どもたち!!前かがみになって真剣にバッタを追いかける子、捕まえたバッタをじーっと観察する子、「虫かごの中がバッタだらけに!!」と報告に来る子と、それぞれに楽しんでいましたよ。

 いっぱい遊んだ所で!お家の人が作ってくれた美味しいお弁当を食べて、おやつも食べて、、なんとスイカ割りも!!食べ終わった子からスイカ割りを楽しみました〜なかなか割れず...最後はりーかんの一発で!?(笑) 大きなすいかは、みんなで分けてすいかの種飛ばしを楽しみながら食べてましたよ〜!

 帰りはバスと電車に乗って、お家の人が待つ西泉駅まで。最初は電車にテンションも上がっていた子も、電車に揺られながら気持ちよく眠る子もいましたよ〜。  バスや電車に乗って、普段なかなか出会えない生き物たちといっぱい遊べて、お腹もいっぱい!楽しかったね〜!

記:りーかん

最新記事

すべて表示

本日、2段階入園式でした・・・

絶好のお花見日和の本日、2024年度の入園式がありました。今回も昨年同様、未満児(ぐみちゃん&どんぐりちゃん)版と以上児版(新年少&途中入園の年中、年長など))の2段階方式での開催です。 朝、在園の子どもたちが9時前から登園し 階段と2階渡り廊下、キャットウォークにさくらあんずさん、まつくりさんが待機する中、三々五々お家の人と着飾ってやってきた新ぐみちゃんたち。舞台で親子で記念撮影をしてからみんな

明日はぐみ・どんぐり開園式&入園式

梅、杏、すももに続いて、桜(ソメイヨシノ)がいい感じで満開に近づく中、気付けば明日は、新しい出会いの春、入園式です。 今年度も昨年同様、入園式をぐみちゃん(1歳児)&どんぐりちゃん(2歳児)バージョンと3歳以上児バージョンに分けて開催します。主役の子どもたち(未満児と以上児)に無理のない楽しい「儀式」にしたい、ということでの二段階方式の入園式です。 前半は、1,2歳のぐみちゃん・どんぐりちゃん対象

2024年度の木の花暮らし、開幕です・・・

庭の桜がいい感じで七分咲きほどに開花する中、子どもたちが三々五々、幼稚園に帰ってきました。 今日から新年度の新たな学期のスタートです。 久しぶりに在園児を全員迎えて賑やかな子どもたちの歓声が幼稚園に響き渡りました。玄関で元の靴箱に靴を入れようとして、はた、と手が止まる子や、昨年度の部屋に向かう子もいて、このあたりは新年度恒例の風物詩かもしれません(笑)。 一方で賑やかな歓声に負けじとばかり泣き声も

Comentários


bottom of page