top of page

年中 第2回お父さんたちと遊ぼう会

今日は、年中、第2回お父さんたちと遊ぼう会でした。17名のお父さんたちが参加してくれましたよ〜!


テーマは、『おやじ工務店』

今日の現場は、園庭にて。ミニガメちゃんハウス&遊び場づくりを行いました!

普段から、さくらぐみの子たちも大好きなカナヅチを使って遊ぶことが好きなさくらさん。

いつもお世話しているチビガメちゃんたちのお家づくりと、「かめちゃんが歩けるところを作る!」「レースできたらいいかも?」などのアイディアを元に、遊び場づくりもすることに!白いタオルを巻いて、気合いを入れて、はじまったのでした!


お父さんが作ってきてくれた、本格的なハウスの設計図を元に、そして、現職であるお父さんの声も入りながら、お父さんたちで、作る場所の役割分担♪


木材の長さを測りノコギリで切る工程では、お父さんたちに支えてもらいながら、子どもたちは、線の上をギコギコ。跡はついてもなかなか切り落とせなかったり、斜めになったり...でも、最後まで時間をかけながら作り上げていましたよ〜!

「引くときに力お入れてごらん」「優しく動かしてね」など、現職のお父さんからアドバイスをもらうお父さんも!「お父さん、弟子入りしようかな!」とつぶやいてましたねぇ(笑)お父さんたちの目も子どもたちに負けないくらい真剣そのもの。その真剣さが子どもたちにもぐっと伝わっていて、なんだかイイ!


一つものもを作り上げていく工程の中で、楽しさや難しさを何度も試しながら、失敗しながら、お父さんたちと子どもたちはそれぞれに感じながら作り上げていたようでした。


カナヅチで形を組み立てていくのが、カメちゃんの遊び場の道作り。「くぎが打ちやすいように最初はお父さんがするね」と、子どもたちに応じて関わってくれていました。カナヅチは普段から大好きな遊びの一つ。集中して、打ち込む姿が印象的な子どもたち。打ち終わった時のヤッターという表情から伝わる達成感を味わいながら。

いくつかコの字型が出来ていくと、それらを組み合わせて、「カメちゃんの迷路作っとるよ」「2回建てもいいかもしれん」「エレベーターとか作れる?」「ここが入り口ね」「坂作れるかな?」と、つぶやきながらお友達と遊び場づくりをする子も。


ハウスづくりの方は、後半に差し掛かり、電動ノコギリやインパクトを使いこなすお父さん。そのカッコイイ動きに子どもたちは魅入っていました。じっと見つめ、ある子が、「ぼくもやってみたい」と。インパクトは、普段はあゆどんが使っているのを見ていたけど、使ったことはないなぁと思っていましたが、「やってみるか!」とお父さんたちに見守られながら。その姿を見て、周りにいた子どもたちも「やってみる!」とインパクトまで使いこなしたのでした。

それぞれに形になって、今日の現場は終了!


子どもたちは、「ハウスに看板つけたらどうかな?」「色も塗りたいね!」など話していましたねー!

引き続き工務店が今後も開店する予定ですよ〜♪楽しみだねー!


我が子以外にも、一緒にノコギリしたり、カナヅチをしたり、ヤスリをしたり、声をかけてくれたりと、関わり合いながら、楽しめたお父さんたちと遊ぼう会になったかなと思います。


設計図を作ってくれたり、現職であるお父さんも本物の姿を見せてくれたり、はじめてながらに必死にやってみる父の姿もあって、それぞれにお父さんたちの姿は、子どもたちにとって、良い刺激になったと思います。

今日はありがとうございました。お疲れ様でした!!!


記:りーかん

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page