top of page

年長お茶参観🍵

昨日と今日の2日間、まつくりさんの「お茶参観」がありました。

5月から、お茶のお稽古を始めたまつくりさん達。いつもは賑やかなまつくりさん達ですが、和室に入ると、気持ちがしゅっと引き締まって、かっこいいモード、スイッチ・オン!(笑)

みゆき先生に優し~く見守られ、日々の喧騒から癒されるが如く(笑)、ゆったりと流れる時間を愉しんできました。

お茶参観は、今までしてきたお稽古のお披露目会。作法はもちろんですが、〝お母さん達に、おいしいお茶を点ててあげたい!」という気持ちが何より表れるといいなぁと思いつつ、本番を迎えました。

 また、まつくりさんは「創立記念日」の取り組みで、お庭の「土研究」をし、掘り出した粘土つちで「野焼き」体験を。→真っ黒こげ(笑)になっちゃったんですけれど、それで諦めません!(笑)まつくりさんのお母さんが、ご近所のアトリエでお仕事をされていて、図々しくも焼いてみてもらえないか打診を。→快く引き受けて下さって。・・・そんなご縁が、引き寄せたのか、文化活動支援事業を受けられることとなり、「お抹茶茶碗作り」にチャレンジすることに!・・・というわけで、今回のお茶参観は、自分でつくった「マイお茶碗」を使って出来ることになったのでした☆

 参観前の最後のお稽古の時に、自分でつくったお茶碗で、まずは自分でお茶を点ててのむことに。いつものお茶碗に比べて、つくったお茶碗が重たくって片手で持つのも大変!でも、時間をかけてつくった思い入れのあるお茶碗なので、がんばって落とさないように・・。のみ口も波のようにうねっていたりするので、どの部分から呑むか・・悩みつつ(笑)。でも、マイお茶碗でいただくお茶の味は格別だったようで、みんなとびっきりの笑顔で舌なめずりしていました(笑)!

 そうそう、お抹茶のお稽古の時には、毎月季節のお花と、掛け軸が飾ってあるのですが、お茶参観に向けて、「マイ掛け軸」づくりも。「春」をテーマに、自分でお話作りをし、そのお話と絵を思い思いにかいて布に貼ったのですが、その布はバザーのお抹茶のお店の傍らでやった「お抹茶ミュージアム」で、お茶碗の下にコブクサ代わりに敷いていた着物の布を使って。そこに、まつくりさん達が父レクから始まり、遠足、運動会・・と使った「竹」もアクセントに使いました。もちろん、ノコギリでギコギコ、ナタでパッカーン!(笑)。

 

 本番に強い!と、先生たちの間ではもっぱらのうわさ!?・・の、まつくりさん達(笑)。お茶参観は・・というと、ド緊張してました!!!(笑)お母さん達も始まる前は「緊張する~~!!」と口々に言ってたのですが、まさかのそれを超える緊張ぶり!お茶を口にし、笑顔が溢れ出るお母さんを見ても、若干顔をそらし気味だったり、真顔だったり・・・(笑)。い・つ・も、を知ってる担任と、みゆき先生は可愛いやら、可笑しいやら☆お母さん達が和室を後にし、扉を閉めた瞬間に、ふーーっ・・って、ようやく安堵の笑顔が見られたのでした(笑)。ぎりぎりのふくさ捌きの特訓が成功?(笑)お隣の友達をちらっちらっと見ながら、見事にシンクロしつつ(笑)、自分たちで頑張ってたね☆みんなとっても素敵だったよ!!


記:ゆっぴー

最新記事

すべて表示

卒園遠足に行ってきました!

今日はまつくり本当の最後の日『卒園遠足』でした! 行き先は海賊たちに縁のある場所『海』…そして『海賊なら肉を焼いて食べるでしょ!』ということで☆クルーズターミナルで港からの海を感じて(船がいたらラッキーだなぁ)☆松任海浜公園の海でお肉を焼こう! 貸し切り大型バス(大和タクシーさん)でレッツゴー! スコップにバケツ、炭、竹、バケツ、一斗缶、ブルーシート…机…ロープなどなど どこにサバイバルしに行くの

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

今年度最後のワイワイ会

今日は、今年度最後のワイワイ会に8組のお家の方達が参加してくれました。 ホールに作ったグルグル迷路。歩くだけでもおもしろいかな~と思っていましたが、遊びに来てくれた子ども達は、迷路の中に敷き詰めたボールの方に興味津々。 拾い集めて、筒に入れて見たり、フライパンに入れてお料理したしして、遊んでくれていました。 お正月遊びに用意した、皿回しや、けん玉は、お父さん達の方が興味津々。 「昔、よくやってたん

Comments


bottom of page