top of page

新しい世界への「旅立ち」の日に寄せて・・・

~入園式での「園長のあいさつ」に代えて~


 庭の桜が(ソメイヨシノ)が記録的な速さで開花、満開となった今年の春。新たな生命が芽吹く春、それは新しい「大冒険」の旅の始まりのときです・・・。

家庭を離れて初めて入る幼稚園(集団生活)は、そこで見るもの、聞くもの、触れるもの、すること、やること、初めての体験の連続です。家族(家庭)から子ども達が集う新しい「基地」への旅立ちは、例えてみれば、大人が海外への一人旅に初めて出るようなものです。未知なるものへの期待、好奇心、そして緊張、不安が入り混じった心の高ぶりetcを感じることでしょう(・・・と子どもの心境を想像してみてください)。


木の花暮らしで先ず出会うのは、遊び心を動かす「空間」です。


桜もソメイヨシノのほか、山桜、枝垂れ桜、さらに梅、杏、すもも、アケビ、柿、夏ミカン、みかん、栃、ミズナラ(どんぐり)等々・・・自然の季節感を全身に感じる木々は登ることも、時にはなりモノを採取することも出来ます。どこを掘ってもいい庭は数多の草花と虫たちが集います。そして武家屋敷に由来する、開放感と小部屋、階段、キャットウォーク、デッキにベランダなど「隠れ家」的な小宇宙があちこちにある園舎とぐみ棟。空間そのものが遊びを生み出す母体となり、子ども達の新たな「暮らし」の「基地」が新しい生活の拠点になります。


ふたつめにはそんな空間に絡めて遊ぶ多種多彩な「モノ」です。



今時の便利なゲームやiPad、知育教材ではなく、大型積木、ピーナッツボール、ケンパープレート、新聞紙やペットボトル、段ボール、布、木片やらの廃材、そして庭の様々な自然物・・・。遊び方が決まっていない、答えがあるわけではない、想像と創造の余地のある素材としての「モノ」を様々に用意し、空間に絡めて如何様にも活用できます。


三つめは、そんな空間とモノを介し多様な「ひと」との出会いがあります。



同じクラスの友だちは言うに及ばず、学年を超えた色々な子ども達との繋がり、みんながみんなを知っている新しい人間関係が自然に培われていき、それは園を軸にそれぞれの家庭(家族)の色々なお父さん、お母さんや地域(ご近所)に住む様々な人たちにも出会いの場を広げていきます。


 四つ目は、そんな空間とモノを介しつつ出会いの場を保障する、ゆったりとまったりとした「時間」です。


 時間割りのように区切られるものではない、大人のタイムスケジュールではない、連続性のある「子ども時間」です。一人一人のペース、テンポの時間でもあり、木の花暮らし特有の流れとリズムのある一日、四季の季節感を感じる一年と繰り返す数年の歳月・・・。


 そして五つ目は、そんな空間とモノ、ひととの出会いを繰り返す時間の中で体感する、「園文化」との出会いです。



 117年の時を超えて引き継がれてきた園の文化・風土が脈々と木の花暮らしには息づいています。園バスのない歩く生活やご近所での買い物とクッキング、畑で育てたお芋に落ち葉を集めての焼き芋であったり、面倒なことを厭わず、様々な生活丸ごと体験を活かす、そんな暮らしを大事に子どもたちと創造していく園の文化は、やはり武家屋敷の時代からずっとずっと、子どもから子どもへ、園に関わる大人から大人へと受け継がれ、続いているものです。


 「空間」「モノ」「ひと(仲間)」「時間」、そして「文化」・・・本来子どもの育ちに必要な「栄養素」ともいうべきこれらは、便利になった現代社会の子どもたちの周りからどんどん失われつつあります。だからこそ大事にしたい。心揺さぶられるものとして、人生のもっとも多感な幼児期にこそ「出会って」ほしい、と思っています。冒険できる空間で、モノと戯れモノと格闘し、時に失敗、躓き(つまづき)も経験し、様々な多様な感性と価値観をもつ友だちと大人たちと出会い、外から与えられた時間割ではなく、自らのペースを大事に、自らの頭と心と身体で「くぐる」体験を大事にする文化を味わいつつ、木の花暮らしを自分自身の生活の場として感じとってほしい、と願っています。



そんな「遊びの王国」の“本丸”に入る前の、3歳未満の小さなお友だち(ぐみちゃん)は、家庭以外の「ひと」との信頼関係をしっかり築き、安心・安定感を自ら掴み、一人の世界、自分自身の世界を見つけ、たっぷりと堪能しながら、本園の子ども達の創る遊び、生活、活動へと少しづつ、ゆっくりと、じっくりと目を向けてもらえればと思います。


 

 みて、みつけて、えらんで、やって、ためして、ぶつかって、やりなおす・・・1歳から6歳までの子ども達だからこそできる、五感を使い身体で学び取る体験生活を通じて、時間をかけて、新しい仲間たち(子ども達、大人達)とつながり、子ども達の世界を創る生活主体の担い手になっていきます。知識ではない自ら考えて導き出す知恵、選び取る技能、掴んだ情報を組み合わせて考える面白さ、根拠を持って自ら判断できる力、ひとに伝えたいという表現する喜び、多様なことに興味惹かれる好奇心、好きなものに没頭できる集中力、他者への共感、感動する心、そして独り立ちできる自信に満ちた自分・・・・。記憶として残るものは断片的ですが、自ら選び身につけたものは一生もの。数量で計れない、他者と比べるものでもない、分かりにくい、目に見えにくい、すぐに答えはでないものだけど、自分の人生を切り拓く本当の「生きる力」を培っていけるように、私たちスタッフも知恵と体と熱い想いで、新たに出会う子どもたちも含めて共に、木の花暮らしを創って参ります。


 そこでお家の方々に一つお願いがあります。

子どもしか知らない木の花暮らしの数々の「冒険物語」、聞きたいことは山ほどあるかもしれませんが、子どもに根掘り葉掘り訊かず詮索せず長い目で、「その子らしさ」の育ちを見守って頂けますか?

 玄関際で泣いて心配かもしれません。トラブルや喧嘩もあるでしょう。ぶつかるような関わりがあるからこそ、生まれてくる人間関係があります。初めての旅には失敗やトラブルもつきもの。そんな失敗やトラブルが許される(「糧」となる)場が幼稚園です。試行錯誤の繰り返しで子ども達は日々変わっていきます。驚くほどに・・・・。お家の人がいなくても仲間と共にやっていける自信に満ちた「自分」を見つけていきます。子どもの話には耳を傾けてほしいとは思いますが、あれ?と疑問に思ったことがあれば、どうか直接担任に尋ねてください。子どもの話は受け止めてもらい、でも子どもの言葉だけを鵜呑みにせず、気になれば遠慮なく訊いてください。(大人でも説明が難しい木の花暮らし。子どもの話だけでは全体像がつかめないかと思いますので。)ITで世界が繋がる便利な時代の一方で、見通しの持てない、答えの出ない現実やフェイクニュースやSNSの拡散で大人でさえ不安やもどかしさ、辛さや怒りを感じることも日々ある時代、今の世界です。SNSやママ友談議での情報も時には必要かもしれませんが、スタッフに直接話を聞き、事実は何か?を積み上げて、全体像をつかんでみる。そうした対話を大事にする大人の在りようは、ITの時代に生きる今の子ども達にはとても大事なことと思っています。


 そのためにもう一つお誘いがあります。


 子ども達にとっての「旅立ち」は、それは同時にそこに関わる大人達にとっても新たな「旅立ち」となるはずです。多くの人たちの出会い、様々な新たな体験の中で、お家の人にも新たな「自分」を発見できる機会にもなります。木の花で出会ったのも何かの縁。子どもとお家の人と共に築く生活の場としての実り豊かな時間であってほしいし、木の花ではそんなきっかけや仕掛けをたくさん用意していきます。よかったらどうぞ混ざってみてください。「生の目」で木の花暮らしを覗いてみてください。事実を「見る」ことで確かなモノは何か? 掴めてくるのではないでしょうか?

 一人一人の子ども達の人生をより豊かに、そして広く未来の持続可能で平和で豊かな社会、世界の礎となるような人として育ってほしいし、コロナアフターの時代を逞しく乗り越えていけるように、世界中の子どもたちが平和な暮らしを享受できるように、という願いを込めて、「子ども達の世界」をお家の人たちと共に創造していきたい、と思っています。ドキドキ、ワクワクを、子ども達だけでなく、大人も味わえるよう願っています。


 本日はご入園、おめでとうございます。スタッフ一同、心からお喜び申し上げます。


                               あゆどん(記)


תגובות


bottom of page