top of page

明日は年中さんの発表会・・・

 師走に入り北風小僧が吹く日々が増えたかと思いきや、ぽかぽかとした陽気の日もあり、いまだ「鰤起こし」の雷鳴には程遠い、暖かな冬となっています。なので今でも裸足で庭を駆け回る元気印の木の花っ子たち(特に年少さん!)。

 そんな中、気付けば明日は年中さんの発表会。この初冬の12月から厳冬の2月までが木の花の発表会シーズンです。アフター木の花祭りから様々な表現遊びの取り組みが各学年展開・・・。そして発表会を終えるといよいよ春到来!という季節感とセットで木の花暦の教育課程が成り立っています。


 さて発表会シリーズの先陣を切るのは年中さん。さくらさんは運動会でした海賊をテーマに、2チームに分かれ二題のそれぞれ趣の異なる創作劇に取り組んできました。

まずさくらのりんごグループさんは、「りんごころころ かいぞくだんのいちにち」。

海賊さんたちの日常ってどんな生活なの?・・・という海賊生活の紹介を劇として表現します。海賊の絵本等でたくさん研究しつつ、でもさくらさんらしいオリジナルな想像力も織り込みながら、普段遊んでいる大型積み木を使い、登り棒の空間も活かして「海賊船」にして、海賊の一日を遊んできたりんごグループさん。舞台から登り棒までが「海賊船」という大型舞台の中で、時間ごとに区切られた海賊の一日のスケジュールのうち、夜中から朝までをショートショート仕立てで演じます。細かいディールにこだわった製作物の小道具あり、オリジナルな海賊ソングあり、木の花暮らしっぽさも満載の海賊の一日(実際は半日もないかな?)のそれぞれのストーリーの表現をお楽しみに・・・。さてどんな生活なのかな?


  続いてとうもろこしグループは、「パイレーツ オブ トウモロコシ たからじまへいく」。

 そんな一日一日を過ごす海賊たちが宝島に「宝」を探しに行く・・・という冒険物語の劇。迎え撃つのは「ブラック海賊たち」。宝の財宝をもつ宝島に住む海賊たちは、様々なモノに変身したり、罠などの仕掛けを用意したり、トウモロコシ海賊たちの行く手を阻もうとします。トウモロコシ海賊たちは3人組で一人一役ですが、「ブラック海賊」たちは一人いくつもの役どころ。衣装や小道具などを着替えたり、持ち替えたり、二階のキャットウォークも活用するなど三次元的な舞台空間にもなっているので、お客さんは時に目を上下に動かしてくださいね。普段の遊びの様子も盛りだくさんの冒険物語、それぞれの場面での子どもたちの発想や表現をお楽しみに・・・。そして結末や如何に・・・?


 去年発表会を体験しているさくらさんは逆に知っているが故に緊張している子も・・・。一人一人の細かい表現を、その内面のドキドキ感も汲み取って頂きながら、「海賊」の世界をお楽しみくださいね。


 その後は、さくらさん全員で「かいぞくバンバン」という「うたえバンバン」の替え歌の合唱。さくらさんは2チームに分かれての劇ですが、「海賊」として「ワンチーム」。そんな一体感のこもった歌声でメインのさくらさんは締めになります。


 もちろん、うめももさん(プチちゃん含む)、まつくりさんも友情出演します。オープニングはうめももさん「わくわく なにつれる?」。発表会の開幕を告げるファンファーレ役(釣り師または海の生き物役)でさくらさんにエールを贈ります。

まつくりさんは子どもたちのフィナーレとしてことば遊び、「ぱらぱらぴったん なにができるかな?」。オノマトペなどを入れた木の花祭りでのお店屋さんからさらにアフターではお話作り、絵本作りに取り組んでいるまつくりさんは、50音の言葉遊びで様々な文章作りを表現。さくらさんの発表会の労をねぎらう言葉遊びです。

 友情出演の短時間ですが特にうめももプチちゃんは初めての発表会。いきなり大勢のお客さんを前での出番。年中さんの発表会を気持ちよく体験して「今度はぼくたち・・・」という想いを持ってくれたらいいなあ・・・と思います。プチちゃんもいるので、温かく見てくださいね。

 なお、2歳のぐみちゃんはお客さんとして観に来る予定。二階席から初めての発表会を堪能する予定です。


 そしてプログラムのフィナーレは年中母たち。出し物は、合唱・合奏「ガチャガチャ オーケストラ」。母たちの舞台も楽しみだね。


 発表会前の恒例のお願いですが、舞台のこどもたちの表現を引き出すのはお客さんです。舞台の子ども達の創ろうとしている世界と一体になれるように、子ども一人一人の表現に目を向けてその世界を楽しめるお客さんとして、しっかり生の目で見守ってくださいね。


 なお申し訳ありませんが、園庭は年中さんの車の駐車場になります。園向かいの駐車場は登園する在園児が優先で使いますので、年中さんで車で来られる方は園庭からお願い致します。年少、年長のお家の方で発表会を観に来たい方は徒歩や自転車、公共機関等でお願いします。座席スペースもホールのござ席が年中さんのお家の方で、年少、年長さんのお家の方は階段席になります。


 では明日みんなが元気に舞台に立てることを願っています。明日の本番、みんな遅れずに来てね~。

                                  あゆどん(記) 

最新記事

すべて表示

本日、2段階入園式でした・・・

絶好のお花見日和の本日、2024年度の入園式がありました。今回も昨年同様、未満児(ぐみちゃん&どんぐりちゃん)版と以上児版(新年少&途中入園の年中、年長など))の2段階方式での開催です。 朝、在園の子どもたちが9時前から登園し 階段と2階渡り廊下、キャットウォークにさくらあんずさん、まつくりさんが待機する中、三々五々お家の人と着飾ってやってきた新ぐみちゃんたち。舞台で親子で記念撮影をしてからみんな

明日はぐみ・どんぐり開園式&入園式

梅、杏、すももに続いて、桜(ソメイヨシノ)がいい感じで満開に近づく中、気付けば明日は、新しい出会いの春、入園式です。 今年度も昨年同様、入園式をぐみちゃん(1歳児)&どんぐりちゃん(2歳児)バージョンと3歳以上児バージョンに分けて開催します。主役の子どもたち(未満児と以上児)に無理のない楽しい「儀式」にしたい、ということでの二段階方式の入園式です。 前半は、1,2歳のぐみちゃん・どんぐりちゃん対象

2024年度の木の花暮らし、開幕です・・・

庭の桜がいい感じで七分咲きほどに開花する中、子どもたちが三々五々、幼稚園に帰ってきました。 今日から新年度の新たな学期のスタートです。 久しぶりに在園児を全員迎えて賑やかな子どもたちの歓声が幼稚園に響き渡りました。玄関で元の靴箱に靴を入れようとして、はた、と手が止まる子や、昨年度の部屋に向かう子もいて、このあたりは新年度恒例の風物詩かもしれません(笑)。 一方で賑やかな歓声に負けじとばかり泣き声も

Comentarios


bottom of page