2020年、木の花暮らしの開幕です・・

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 1月6日より仕事始めの木の花暮らし。雪化粧の北陸らしい装いとは無縁のぽかぽかした日和の中、木の花幼稚園の2020年🐭年が開幕しました。


 6日午前中はワックス清掃と職員会議。頂いた年賀状を回覧し仕分けしたり(在園、卒園生からいっぱい頂き有難うございました)、冬休み中の全体確認を行い、3学期の予定、スケジュール確認、行事ごとの打ち合わせ、冬休み中の宿題等々の確認共有。午後からは毎年恒例、幼稚園の自己評価(学校評価)をスタッフ全体で実施。冬季預かりの子どもたちが始業式前にこの日から登園しているので、保育補助のスタッフに見守りをお願いしつつ、時間を区切って実施したものの、議論白熱。予想通り、重点課題1の途中で終わり続きは翌日へと持ち越し。夕方は翌日の新学期の準備等に勤しみ仕事始め初日は終了。


 そして本日、木の花っ子たち全員集合。元気な子ども達の声が幼稚園に帰ってきました。今日から新学期の始まり、始まり・・・。


 久しぶりに顔を合わせてうれしそうにホールを走り回ったり、大型積み木の上に乗って語り合ったり、再会の喜びを分かち合っていた子どもたち。新学期用に用意したお正月遊び道具のコマやら皿回し、羽子板、けん玉等々を持ち出して挑戦し始めたり、絵本コーナーではトランプ、百人一首(ぼうずめくり)、オセロなどお正月版ゲーム遊びでも異年齢が混ざり合って盛り上がっておりました。(ちなみに絵本コーナーには「ねずみ年」にちなんで、「ねずみ」が主役、題材の絵本を各種展示中。子どもたちも読んでますが、よかったらお家の方も借りて家庭で一緒に読まれは如何・・?)


 一方昨日に続き庭に出て元気に遊ぶ子どもたちも。雪はないけれども庭のあちこちでおままごとや穴掘り、駆け回る姿も・・・。雪遊び道具もすぐに出せるところにあるけれどももうしばらくお休みだねえ・・・。


 正月らしくまったりと遊んでみんなでお片付け。ホール真ん中に集めた大型積み木の上にみんなが乗って恒例のドレミの歌(木の花バージョン)をうたいながら、「始業式」へ・・・と思いきや、ぐみちゃんたちの姿がまだ見えず・・・。なので勝手にアンコールに応えて(笑)、100パーセント勇気、木の花バージョンをみんなノリノリで歌っていると、ぐみちゃんたちもホールに登場。木の花っ子全員そろっての「始業式」と相成りました。

 年始らしく「お母さん座り」(正座)で、あけましておめでとうございま~す、今年もよろしくおねがいしま~す・・・と新年のご挨拶をみんなで交わした様は、ぐみちゃんたちもしっかりお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの雰囲気に合わせて、お母さん座りをしてご挨拶。そんな姿に先生たちも驚き。3学期にもなると、こうした全員集合の中の一員にしっかりなっていくんだなあ・・・となんかその姿だけでなぜか感涙(歳だなあ・・・笑)。冬休みのお約束を振り返りながら、今年もいっぱい遊ぼう! 楽しもう! いっぱい給食もたべよう! お仕事もがんばろう!・・・エイエイオー!という子ども達の「結団式」のような「始業式」の最後には、新しい?先生紹介。

 はじめまして、ひさしぶり、ただいま・・・と色々なご挨拶が入り混じりながら、浦島太郎的な気分で「帰郷」した心境での挨拶で始業式はおしまい。ぐみちゃんたちもよろしくお願いね。

 子どもたちは各学年ごとに各部屋へそれぞれ「ねずみ」ちゃんに変身して、担任「猫」さんに追いかけられながら部屋に戻り(まつくりさんだけしばらく「ねことねずみ」ゲームでホールで一汗楽しみながら)、その後はそれぞれのクラスごとにお集まりを楽しみ新学期初日は終了となりました。


 午後からは昨日の続きの園内研修の自己評価。本日も議論白熱。子ども園になってからの1歳から6歳までの育ちとその保育の在りようを振り返ると、これでも短時間にすぎるかも・・・。初参加のみーちゃん(給食先生)も驚いていましたが、先生たちの熱い議論と集中力がすごい、とか。脱線もいっぱいあって、笑い満載、そしてここらへんが働き方改革の木の花スタッフの課題でもあるんやけど・・・・みんな木の花暮らしが好きだし、それが木の花保育の原動力。予定時刻を過ぎてこの続きはまた明日、一日保育の後にも続きます。(今週はこのように園内研修ウィークです。おのこりは来週から。ご協力をお願い致します。)


 子年の今年、干支でいえば一番先頭に戻ってきた一年、心機一転、1歳から6歳までの子どもたち一人一人の多様性と可能性を拡げ、寛容で豊かな暮らしを生み出していく母体となるような場としての新たな木の花暮らしの創造に向けて、お家の方々、地域の方々、関係者の皆様と共に創っていけたら、と願っております。国際情勢や地球環境・・・様々な諸問題を解決し美しい地球号を担う世界中の子どもたちの豊かさと叡知溢れる育ちも併せて願いつつ、本年もよろしくお願い致します。

最新記事

すべて表示

暑中お見舞い申し上げます

暑中見舞い申し上げます。 梅雨明け後の猛暑がやってきて腕のリハビリを兼ねて?巨大タープを先週つけた後、さらに本日、屋上プールからの排水を園庭の田んぼにつなぐホース水路を完了させ、早速試運転。(ホース水路は以前桜の木から砦に伸ばしてあった「電話線」です。)ホースに穴をいくつも開けて、ミスト的な噴水も兼ねて、預かりの子どもたちが水浴び方々、歓声をあげ、とりあえず試運転は成功です。 そんな状況を見届けて

夏休みの始まりに・・・

先週4連休前の終業式後の午後は職員で分担して園内各所の大掃除、片付けを行い、3時以降は特別支援の子どもたちのエピソードをスタッフそれぞれでまとめて散会。そして4連休明けの本日は、職員会議と園内研修です。 午前中の会議では夏休みの予定から一学期の諸行事の振り返り、コロナ対応から今後の予定などを確認しました。 そのコロナですが、4連休中も残念ながら県内は(も)感染拡大が続き、感染状況を示す指標(新規感

同窓会について

卒園生のみなさん、こんにちわ。よっしーです。みんな元気にしてるかな? 今月の31日に予定している同窓会なのですが、石川のコロナの感染状況もグッと上がり、開催が難しくなりました…。楽しみにしていた子もたくさんいると思いますが、今年度の同窓会は”中止”とさせていただきます(本当に残念…) 来年度、コロナが落ち着いていましたら、”小学1年生~中学2年生”までを対象とした同窓会を開催したいと思っていますの