top of page

年長・グループクッキング④

今日は年長さんの4回目のグループクッキングがありましたよ~。今日の担当は“りすグループ”さん達。

メニューは

・パスタ(納豆ソース、トマトソース、ヨモギソースの3種類のソースから選んでかけて食べるよ)

・バナナ入りポテトサラダ

・スイカゼリー


メニュー決めでは、例のごとくヨッシー(以下㋵)の「何作りたい?」「何作って食べたい?」からスタート。う~んと考える子ども達から「よもぎピザ!」と声があがると「パスタ!」と続き(今の時代は“スパゲッティ”って言わないのかなぁ?“パスタ”っておしゃれな言い方♪笑)、㋵「パスタに何かけて食べるん?」と聞くと、「納豆と青のり!お家で食べたことある!」とお家で食べたご飯を思い出す子も。「でも私、納豆食べれないんだよね~。」と友達の意見にしょぼんとする子がいたので、㋵「じゃー何だったらいいの?」と聞くと「トマトソース!これやったら食べれる!」そのまま他の子にも聞くと「たらこスパ!」なるほどなるほど、みんなそれぞれ好みが違うねぇ。どうせならかけたいソースを自分で選べたらいいんじゃない?と思い、3種のソースを作ることにしました♪(しかし“たらこソース”はアレルギーの子もいたり、みんなの分のソースを作るとなると、ちょっと材料費が・・・。ということで、先に出た“よもぎピザ”から、よもぎソースを提案。ちょうど年長さんが春に収穫したよもぎが冷凍庫にたくさんあるからね。笑。 “ジェノベーゼソース”をならって、“よもベーゼソース”にチャレンジ!!笑)

さらにYちゃんが「ポテトサラダの中にバナナ入れる」と言い出し、㋵「お家でそうやって食べてるん?」と聞くと「ううん。TⅤで入れてるの見た。食べたことは

ない」といい、ちょいとズコッケながらも㋵「でもなんかやってみようか?」とちょっと甘いポテトサラダを想像。

デザートは「スイカのゼリー。この前イチゴがいっぱい入ったゼリーのイチゴじゃなくてスイカいれる」となんとも具体的に言ってくれて、想像しただけで美味しそう。それを聞いていたT君が「スイカの上のほうを切って、中身だして、そこにゼリー入れたらいい!」とこれまたなんとも素敵なアイデア!!でも、さすがにそれだと一学年に一玉スイカがないと、ちょっとね~。あ、お泊り保育でしてみたら!?と、もしかしたらお泊り保育で“スイカゼリー(くり抜きバージョン)あるかもね!?(笑)


そうして決まったメニュー。いつもの八百屋さんに材料を発注し、前日に作るスイカゼリーの材料(スイカ&サイダー5本)だけ取りに行った時、当初大きなスイカだけは配達してもらおうと思ってたんだけど、「なんかリュックに入りそう。・・・入った!!持てるかな・・・。なんか行けそう・・・」ということで、大きなスイカもリュックに入れて、サイダーも5本振り分けて入れて帰園!!一度も休んだり、「重たいからムリ」とは言わず、歩ききったまつくりさんに、ちょっと感動を覚えたのでありました!!



そして今日。朝早くからエプロンをつけて台所へ。「よっしー、ジャガイモ皮むけん!」それはピーラーが反対だよ~(笑)と、みんなでたくさんのジャガイモの皮をむいたり、「なんか目、痛くなってきた」とトマトソースに入れる玉ねぎを切ったり、大量の納豆のパックを開くのに悪戦苦闘したり、エアコンをつけているけどコンロの火力のほうが強く暑さに耐えながらこまめに水分補給し、最後まで作りきった『りすグループ』さん達でありました♪


記:よっしー

最新記事

すべて表示

年少・プチ・2歳児ぐみビデオトークがありました~!

今日17日(土)年少、プチ、2歳児ぐみのビデオトークがありました~。今回は何と!!30人のお家の方が参加してくださいました☆お母さんだけでなく、お父さんもたくさん参加してくれましたよ~。 まずはウォーミングアップから。一人15秒で自己紹介。えりりん、あかねちんから始まり、お家のみなさんにも一人ずつ紹介してもらいました。出身県や趣味などを紹介、そして今日園で行われるチャリティーバザーの宣伝をするちゃ

一日入園!

今日は来年度入園の小さいお友だちが遊びに来る一日入園がありました! 遡ること一カ月ほど前。一日入園の案内(お手紙)の入れ物づくりのため、小さい子はどんなことが好きなんだろう?をぐみちゃん、プチちゃんと一緒に遊びながら考える(研究する)『小さい子研究』がスタート! 入れ物の遊び方を考えるのはもちろん、「ねぇねぇ小さい子たち転がすの好きやった!」「乗り物好きやったよ~」「トンネル潜るの楽しそうやった~

まつくりさんの発表会

12月の年中さんから始まり、1月に年少さんの発表会が終わり、今日は発表会シーズンの大トリとして年長さんの発表会が行われました。 運動会で『海賊』の世界を取り込み、『33人の海賊たち』の生活を演技として見せてくれた子ども達。その33人の海賊たちのそのずっと後の世界を自分たちで考え発表会で演じました。 約2週間、その取り組みの様子をホールの隅っこで見ていたよっしーから言わせていただくと・・・ちゃんとお

bottom of page