top of page

お泊り保育 ライブ3

 さて、お風呂屋さんは地域のあわづ湯さん。梅鉢湯に松の湯と園の近隣の銭湯が次々と店を閉める時代の世相に、金沢の誇る銭湯文化の行く末が本当に心配になります。そしてコロナ禍で2年間は園内でのお風呂作りや屋上プールを利用したお風呂から、再び原点に戻っての地域交流の銭湯体験の旅・・・。


 あゆどんは2番手?3番手?チームに同行させて頂きました。

 銭湯は以前下見をした子どもたちが道案内。午前中の大雨が嘘のように晴れ渡り、爽やかな犀川の風を受けながら、ルンルン気分で足取り軽く子どもたちがプールバックを手に跳ぶように歩いていきます。いくつか小路を曲がりしっかり子どもたちの案内であわづ湯に到着。

 番台のおじいさんにご挨拶をして50円の入浴料を出していざ脱衣所へ。ロッカーや籠にそれぞれの持ち物を入れて服を脱いでまとめて、いざ富士山の絵の映える大浴場へ・・・。といっても銭湯です。昔ながらの赤と青のボタンを押してお湯と水を調整する方式に、目を丸くするも、すぐに慣れてきた子どもたち。頭、身体をさっと洗い、3種類の湯船にあちこち浸かりに行き、時には一緒に入っている地域の方と会話する子どもたちも・・・。子どもたちも「熱い湯とちょうどいいやつと水の三つあるんだ・・・」と、道中でも言ってましたが(下見の時にお風呂屋さんが子どもたちに中を見せてくれたそうです)、子どもたちの一番人気は水風呂…(笑)


 テンションが上がるとついついジャンプしたり、お湯を掛け合ったりして、その都度注意をしていましたが、いやいやうちの孫に比べれば大人しいですよ・・・・と一緒に入っていた地域の方の優しいお言葉・・・。時には叱りつけてもらうのいい経験になる、裸の付き合いの銭湯文化をまったりと体感した子どもたち。


 風呂上がりに、「気持ちよかったねえ~」「また来ようね~」と言葉を揃えて子どもたち。番台のおばさん、おじいさんにお礼を言って、幼稚園に戻ります。夏の夕暮れの風が心地よく、途中で金魚の養殖?しているお家を眺めつつ、犀川で鮎が跳ねる姿も垣間見つつ、鼻歌交じりに幼稚園へ・・・。


 さあ、晩御飯作りの続きです・・・。

最新記事

すべて表示

園庭の梅が可憐な色彩で満開となり、さらにあんず、すもも、そして桜も次々と開花していく中、その花びら摘みに夢中の子どもたち・・・。そんな春うららかな庭の装いのもと、先週末の土曜日、まつくりさんたちが木の花を巣立ってゆきました。 そして週明けの月曜日には発表会の舞台にもなった海に出向き、ゆったりと羽根を伸ばして卒園遠足を満喫。まつくりさんの発表会の舞台の一つでもあり、ごみが散乱する海辺にやっぱり目を輝

絶好の遠足日より。お日様がポカポカと暖かい日となりました~。 金沢駅のヤカンのオブジェの所に集合!! リュックを担いでやって来るうめももちゃん達。みんな嬉しそ~な顔してる。 始めの少ない人数の時は何とな~く座ってお喋りしていたけど、段々人数が増えてきたら、テンションも上がってきて・・・、って感じでした。 だって、こんなところで集合なんて初めてだからね。それに電車にも乗れるからね。 ウキウキしてるの

朝から快晴!とってもいいお天気。今日はまつくりさんたち、卒園遠足に行ってきました! 行き先は、貸切バスに乗って松任の海浜公園へ。まつくりランド第3章「きれいなうみをとらないで」をきっかけにゴミ拾いを楽しんできたまつくりさんたちなので、近くのうみをお散歩しながら、砂浜をお掃除してこよう♪と行く前けらみんなゴミ拾いをする気満々で、ちゃんと袋も準備していましたよ〜。 早速バスに乗り込み出発!バスの中では

bottom of page